0718.bmp

2005.04.23.

あなたの大分県民度

Web永浜商店

面白いサイトを見つけたんで紹介します。
Web永浜商店さんの「ご当地の踏み絵」というコーナーでは、
あなたの大分県民性をチェックできます!

あてはまる数が多いほど、あなたは大分にズップリハマってる?

クチコミオーイタ編集部もチェックしてみました!

●  関サバ、関アジ、城下カレイが自慢だが、未だ食べたことがない。
  ・全国区のテレビで出ると嬉しいけど、たしかにまだ食べたことない。

●  文章に大分(だいぶ)と書いてあると、絶対に(おおいた)と読んでしまう。
  ・絶対ではないけど、「大分」で検索する時に「だいぶ」は邪魔!

●  そしてたまにUSAは「うさ」と読んでしまう。
  ・読まないけど、頭をよぎる。

● やせうまとやせうまだんご汁の違いがわかる。
  ・単品なのか、だんご汁にいれたのかってこと?

● トキハの紙袋が家に10枚以上ある。
  ・ある家は結構金持ちだ!!うちはない。

● 臨海産業道路を40メーター道路という。
  ・いう。はっきりという。

● 九州のなかでも地味な県だということは認めるが、佐賀だけには負けたくない。
  ・高校までは九州で2番だと信じていた。佐賀には負けてないでしょ?

● 今では「トリニータ」という名前にも慣れたが、「トリニティ」の方が好き。
  ・たしかに最初は違和感があった気がする。

● 大分大学を「ブンダイ」と略す。
  ・常識。

● 大分高校は「イタコウ」だ。
  ・そうそう。

● そして大分鶴崎高校は「ツルタカ」、鶴崎工業は「ツルコウ」である。
  ・別府では別府鶴見丘が「ツルコウ」だ。別府人にしか通じない…。

● 「とりてん」が好物だ。
  ・大好きだ

● 鳥天(とりてん)は、喫茶店にもあるものだ。
  ・というか、なぜ全国にないのかの方がこちらとしては疑問だ。

● 「ナスカの地上絵」と、方言をかけた、テレビ大分の「なしか!の地上波」のフレーズはかなり恥ずかしい。
  ・今知った。

● 別府名物地獄巡りを根性と気合いですべて回ったことがある。
  ・根性と気合いがいる時点で、まずいと思う。

● 大分を「日本のスペイン」と称した大宅壮一は、なんとなく好きだ。
  ・ごめんなさいわかりません。

● 夜景は西大分港から見る。
  ・いいえ

● 大分の銘菓とされているカボス饅頭だが、どう考えてもあまりおいしそうではない。
  ・すっぱいから?

● しかし、名物がかぼすとしいたけしかない我が県においてはしかたのないことだといささ
か諦めを感じている。
  ・いささかね、感じてます。

● globeのKeikoの実家がふぐ屋だということを知っている。
  ・県外の人に会うとかなりの確率でそんな無駄情報を自慢してしまう…。

● 自慢の「ビッグアイ」だが、キャラクター「ビッグちゃん」と「アイちゃん」は、あまり可愛くないと思っている。
  ・今知ったけど、安易だ。

● 鶴見岳ロープウェイに乗って紅葉を見に行ったことがある。
  ・行って何が悪い。

● 自動改札機ができたにも関わらず、説明のため改札付近に立っている駅員が増加していることに田舎度を感じてしまう。
  ・それで少し安心してしまう私はもっと田舎者なのか。

● R57の豊後牛の像は少しでかすぎると思う。
  ・見たことない。…あるのかな?

● 村山富市によって、いくばくか大分弁の普及ができたが、あの大分弁は、現在年寄りしか使わない言葉だということに、少しもどかしさを感じる。
  ・というか「いくばくか」という言葉使いが好きだ。
 
● 別府が本当に観光地として成り立っているのか、疑問に思ったことが何度かある。
  ・別府人にとっては、少し切ない質問だ。

● 「美味しんぼ」で「たらおさ」が出たときほど恥ずかしかったことはない。
  ・…すみません。知りません。

● そのたらおさが、「トイレ掃除用ブラシ」に酷似していることが、恥ずかしさに拍車をかけている事実を認めている。
  ・だから、知りません。

● 筑紫哲也が大分出身なのが、何となくうれしい。
  ・今その事実を知って、正直かなりうれしい。

● 大分グッズのネーミングは、かなり恥ずかしい。
  ・どこの県だってそうやろー?

● ムツゴロウ氏の出身小・中・高校が日田にあることは、著作を読めばすぐわかることなのに、全国的にほとんど知られていないことがもどかしい。
  ・今その事実を知って、正直かなりもどかしい。

● 大分合同新聞の「ミニ事件簿」を笑いのネタにしたことがある。
  ・うそ?ネタになるの?新聞取ろかな…。

● しいたけは、かぼすをかけて食べるのが最上だと信じている。
  ・おおっ?大分コンボ!

● 「を」を、下の「を」、「お」は上の「お」と表現する。
  ・全国では違うという事実に今ビックリ!…ハァ

● 立命館アジア大平洋大学が別府市に開学したことはちょっとうれしい。
  ・ちょっとしたドライブコースやな。

● 宇佐神宮(宇佐八幡宮)は八幡総本山であることが、本当は自慢。
  ・けっこう自慢。

● しかし、宇佐駅に大きく「USA」と書いてあることはちょっとはずかしい。
  ・中学校の頃は羨ましかった。

● リズムレコードのロゴはタワレコのパクリではないかと思う。
  ・袋もそうだ。どういう狙いがあってそうなのか。遠くからあの袋をみて、どちらの袋にせよ、あ、タワレコの袋だ!って思われるのに、リズムレコードはそれでいいのだろうか。

● ホーバークラフトで酔ったことがある。
  ・ない

● 鶴見と鉄輪をつなぐ通りだからといって、「つるりん通り」はないと思う。
  ・別府出身だが、今それを知って、痛烈に「なし」だと思う。

● 大分に本社があるファミレス「ジョイフル」が全国にあると信じてやまない。
  ・というか、広がると信じてます。

● 佐世保出身という事実にはあえて目を伏せ、別大付属高卒の城島健司選手を誇りに思っている。
  ・ラモスや三都主と似たような感覚。

● OBSの「夕方なしか」の本を持っている。
  ・彼女の実家にある。

● しかし、方言で描いてあるので他県民におもしろさが伝わらないのが歯がゆい。
  ・読んでない

● ユースケ・サンタマリアが大分出身で「好きです、大分県」のCMにでてたのに、数年前までのタレント名鑑にはブラジル出身とかいてあったのはおおちゃきぃと思う。
  ・おおちゃきくはない。「大分」と書くのがおじかっただけ。田舎もんっち思われるけん。

● 古手川裕子、財前直見、ユースケサンタマリアの出身校がいえる。
  ・いえない。

● ホームでの新旧トリニータ応援団の応援対決はゲームよりもりあがる。
  ・そうなんだ…。

● とり天定食は定番。
  ・なんがわるい?

● 語尾に「〜ちゃ」をつけるのは山口とか北九と似てると思うが、絶対元祖は大分だと思ってる。
  ・でもそれが1番バカにされる。「ちゃっちゃ、ちゃっちゃ。うるさい」っち言われるんやっちゃ。

● 子どもの頃、僧侶・禅海の青の洞門の話を聞かされたことがある。
  ・というかこれ長い。だいぶ疲れてきました。

● ガーデニング感覚でしいたけを自家栽培している。
  ・してないから。

● 「しらしんけん」という言葉をうっかり使う。
  ・うーん、使うかも。

● 「油屋熊八」が何をした人か知っている。
  ・地獄めぐり発案者。

● 別府では道案内のときに「左」「右」よりも先に、この道を「上」に「下」を使う。
  ・うそー!?別府だけ?

● 地元の有名人といえば、きどっちこと城戸ゆういちだ。
  ・今はともちゃんでしょ?ねえ?

● 天領だった日田市と、小藩乱立だったその他の地域では深い溝がある。
  ・本当にそれがそうなら、結構さみしい。

● サンリオの遊園地が大分にあることがちょっと誇らしい。
  ・ギャンブルやな。

● 大分弁は、九州から孤立しているような気がするが、標準語に近いイントネーションでもあることに優越感も抱いている。
  ・そこだけでも、浸らせて。

● 夜景といえば、別大国道と十文字原だ。
  ・もっぱら十文字だ。

● 佐賀関が実家だというと、たいてい実家は漁師と勘違いされ、関アジ関サバをせびられる。
  ・かわいそう

● 佐賀関は方言が違うので、同じ大分の人と話していても言葉通じない。
  ・そんなこたない。

● アフリカンサファリで、ナイトサファリを楽しんだことがある。
  ・いいやん。楽しんでも。

● プロ野球オールスターファン投票の「川崎現象」は正直複雑だった。
  ・引退したなぁ。

● 愛媛は近くて遠い場所だ。
  ・たしかに。

● 別大マラソンが全国ネットで放送されていることを誇りに思う。
  ・毎年CM中に実家の前を通りすぎる。

● 会話のなかに「よだきい」が必ず出てくる。
  ・ま、大分人としては、ベタな質問やな。

● 世間ではサルが脱走すると大騒ぎだが、高崎山付近では日常茶飯事である。
  ・だから脱走とはいわない。

● 恥ずかしながら、城島後楽園ゆうえんちのコスプレフェスタが楽しみだ。
  ・それは恥ずかしい。

● 小室哲哉が本拠地を大分に据えたことに妙な違和感をおぼえる。
  ・ああ〜、おぼえるな。

● 大在ディズニーがどこを意味するのか知っている。
  ・よくよく考えれば素敵なネーミング。

● 木製コースター「ジュピター」はちょっと自慢。
  ・自慢は自慢だが、どれぐらい自慢できるのかはわからない。

● カメルーン代表が到着したときは正直「ほっと」した。
  ・「ほっと」するところが、なんだかんだで大分好きなのかなっち思う。

● 吉四六さんは焼酎ではない。
  ・にんげんだ。

● パークプレイスやわさだタウンもできたが、福岡のキャナルシティやマリノアがやはりちょっとうらやましい。
  ・ちょっとどころではない。


ああ〜疲れた。
他にも、まだありましたが、ちょっと長すぎるので省略。

みなさんもぜひチェックしてみてくださいね!


posted by ヒデ | 大分 | コメント(0) | TB(2) | 編集部日記
大分オールスターファン投票受付中です。詳しくはこちらから


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3107410

大分大学
Excerpt: 大分大学大分大学(おおいただいがく、Oita University)は、大分県大分市にある国立大学。2003年10月、大分医科大学(1976年設置)は、大分大学と統合し、大分大学医学部となった。情報元..
Weblog: 大分大学---大学情報局
Tracked: 2005-05-15 02:09


Excerpt: 大分港大分港(おおいたこう)は、大分県大分市にある港湾で、港湾管理者は大分県。西大分地区から大在地区までの広域にわたる。重要港湾に指定されている。.wikilis{font-size:10px;col..
Weblog: フェリー&港 ガイド
Tracked: 2007-10-06 15:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。