0718.bmp

2005.06.13.

愛と感動のクチコミレポート第2弾 A

image1131.gif

病気療養中の身で書いてしまった記録の暴走ぶりをまず先にお詫びいたします。
意味不明な表現、つながり等多々見受けられると思いますが、これもすべて原因不明の病気のせいです。はい。
愛と感動のクチコミレポート A

※府内5番街へ向かったヒデとバイト・ツボンヌ。途中アクアパークでのんきな鳩と戯れながら、一息つく。

image1191.jpg

「ヒデさん、いいかげんゴーサインお願いしまスよ。もう待ちきれんス」


image119.jpg
「わかってる。わかってるんだ。だがな、ツボンヌ。オレはおまえが敢えなく撃沈してしまう姿は見たくないのだよ」


image1191.jpg
「ヒデさんの優しさ、身に染みるス。けどヒデさん、それがオレの本望なんスよ。もう生きがいなんス。行かせてください!」


image119.jpg

「でもな、ツボンヌ・・」


image1191.jpg
「ヒデさん!!オレ・・・クチコミオオイタが・・・好きなんス」



image119.jpg
「・・・ツボンヌ!!」



image1191.jpg
「・・・ヒデさん!!」



込み上げてくる熱い想いを胸に秘め、いざ府内5番街へと足を踏み入れる。
私は心を鬼にした。
有無を言わさぬ冷徹監督として、あらゆる迷いを振り切り、無常な采配を振るった。

「ゴー!!」

「ハイ!行ってきます!嬉しいです!」

「ゴーだ!!」

「ハイハイ!行ってきますよー!!」

「行け!!!」

「まだまだ!喜んで!」

「行けぇぃ!!」

「ハイ!まかせてください!」

「行かんかぁ!!」

「ハイ!行ってきます!今度こそ」

そうしてバイト・ツボンヌは5回連続で撃沈した。
彼のその忠実さというか健気さというか、そういった忠誠心に心を打たれ今にも涙が溢れそうだった。もうこれ以上彼が傷つくのは見たくない。そう、今思い出したが、バイト・ツボンヌは柳沢(日本代表FW)に顔がそっくりだ。

「ヒデさんあの人は?あの人はゴーじゃないんスか?」

「・・・え?・・ああ」

「どっちなんスか、ゴー、スか?ノー、スか?」

「・・・・・・・・・」

「・・・・・ヒデさん?」

遠くから女子高生の雄たけびが聞こえる。ツボンヌの耳は瞬時にそれをキャッチして、その方向へアンテナを向ける。本能だ。

「・・・いいよ。・・・もういいよ、ツボンヌ」

「は?何いってんスか?・・・あの人はゴーでしょ!?行くっスよ?オレ」

そういってツボンヌは走り出した。すいませーん!、アンケートを・・・ズサッ!(コケた)・・・アンケート取ってるんですがぁ!ちょっと・・・待って・・・アンケートを・・・待って・・・アンケートを・・・。
どこかの映画のワンシーンのように私は彼の肩を抱いた。

「もういいんだ。ツボンヌ。もう、終わろう」

「・・・でも、ヒデさん・・・。それじゃ今日、・・・ゼロなんスよ」

「いいんだよ、ゼロで。ゼロでもいいようにいろいろ撮っておいたから、な?」

「でも、ヒデさん・・・」

そして私たちはアクアパークに戻った。さっきよりも少しだけ陽が傾いて、アクアパーク全体が影に覆われている。
つい1時間前まで私たちが一服していた席に、1人の雰囲気の良い女性が座っていた。
引き寄せられるように女性に近づく2人。バイト・ツボンヌはゴーサインを聞くまでもなく、優しく声をかけた。それはまさに身体が自然と動いたという感じだった。
「あのう、アンケートを取ってるんですが」
多少驚いたようすの女性は、素敵な笑顔を見せてから「何のですか?」と聞いた。

LOVE PSYCHEDELICOが好きだというみかさんは、それに負けないくらいカッコいいハスキーボイスを持つクールな女性だった。
同じ別府市出身ということで、話も進み、調子に乗って写真掲載をお願いするとOKをもらえた。
image151.jpg

みかさん、本当にありがとうございました。

以下、取材後記。
みかさんとお別れをした後に、偶然、元同僚(ツボンヌと私の元職場の同僚)ライ姉さん(私と同い年であるが、風貌、風格から姉さんといわざるを得ないお方)とバッタリ会う。
エステの仕事を始めたいう姉さんは、そのお得意さまと2人でお茶をしにいくのだという。
ソフトクリームが食べたいとおっしゃるので仕方なく同行。
image161.jpg
写真は濃厚な抹茶ソフトが美味しいご存知若竹園。
ツボンヌを含めた計4人分の抹茶ソフトクリームをおごるのはなぜか私。

そんなライ姉さんが働くSalon de Perla(サロン・ド・ペアラ)というエステサロンはスタッフ3人体制という非常に小さなお店。
だが、噂が噂をよんで、徐々にお得意様も増えているらしい。
ライ姉さんの顔面マッサージは相当に気持ちよくて効果的らしく、お得意様のミサさんの方が一生懸命に説明してくれていたのが印象的だった。

Salon de Perla (サロン・ド・ペアラ)
大分市府内町1-6-11小財ビル3F
097-532-6778

ミサさんはおしとやかな女性で、懸命にナースを目指す看護学生だった。
きっとあなたならいいナース・いいオンナになれますよ。

また、写真を掲載させていただいたみかさんの他にも、東京出身のゆうこさんにもアンケートにご協力いただきました。
もちろん、今後のクチコミオオイタの貴重な資料として、重宝させていただきます。
皆様のご協力、まことにありがとうございました。



posted by ヒデ | コメント(0) | TB(0) | KUCHIKOMI REPORT
大分オールスターファン投票受付中です。詳しくはこちらから


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。