0718.bmp

2005.06.21.

ローテンションの谷間『夏だ!海だ!特別企画?』

ヒデとタカシのグダグダ話『ローテンションの谷間』。
先週の土曜日に別府市のとあるダイニングバーで極秘で行われた密談を、ほんの一部ですが掲載いたします。

 
タカシ(以下T)「調子いいみたいだね、クチコミオオイタ」

ヒデ(H)「おかげさまで。でも最近ちょっと伸び悩んでるんですよ」

T「そうなんだ、たしかに最近何かもの足りないもんね、パンチがないっていうかさ」

H「でしょ?だからですね、今日はタカシさんを呼んだんです。足りないものを埋ようと思って」

T「ああーやっぱり?そう?フフフ、そろそろ来る頃かなとは思ってたんだよ」

H「そうだったんですか?」

T「いやうそ、てか本当は不安だったのよ。前回のクチコミレポート、バイト・ツボンヌの独壇場だっただろ?」

H「まぁ、そうですね。結構笑いとれたみたいですね」

T「だろ?だからさ、俺はもういらんのじゃないかと考えたら、寂しくなってさ(涙ぐむ)…」

H「…はぁ」

T「でもこうしてヒデちゃんが俺が足りないって言ってくれたことは本当に嬉しいよ」

H「…そうですか」

T「で、俺は何をすればいいの?何でもするぜ」

H「いや、実はですね、新しい企画について相談があって」

T「ん?相談?」

H「ああ相談っていうか…ほら、もうすぐ夏じゃないですか」

T「そうだねー。あついね。雨も振らんし」

H「夏といえば、なんでしょう?」

T「海!ビキニ!…ハイレグ!!」

H「でしょ?(敢えてハイレグは無視)では大分の海といえば?」

T「ス、スパ…田ノ浦ビーチ!!」

H「ですよねー。優秀です。ムフフ。では最後、クチコミオオイタの名物企画といえば?」

T「…!!…ちょっと待ってヒデちゃん。ムフフ。ひょ、ひょっとして…」

H「なんですか?タカシさん…ムフ」

T「ムフフフ、ヒデちゃん…ムフ、…行っちゃうつもり?」

H「ムフフ、そうです。クチコミオオイタin田ノ浦ビーチ!!!」

T「…ゴクッ…マジかぁ!!」

H「夏限定の…ムフ、特別企画です」

T「ムフフフフフ、何?それは…ムフ、クチコミ…ムフ、レポートを…ムフ、田ノ浦で…ムフ、ムフフ、ムフフフフフ」

H「タ、ムフ、タカシさん…ムフ、喋れて…ムフフフ、な…ムフフフフフ」

T&H「ムフフフフ…(見苦し過ぎるので省略)…」

−5分後−

T「いいよ、その企画。面白そう」

H「でしょう?海開きしたらいち早く乗り込もうと思ってるんですよ」

T「そうだね、早い方がいいしね」

H「じゃ、早速ツボンヌに連絡して都合つけてみますね」

T「へ?ツボンヌ?なんで?」

H「あいつだったら取材できるかなと思って。行ける男だし、水泳が得意で、ガタイもいいんですよ」

T「あまり関係ない気が…」

H「なるべく海が似合う男がいいんですよ。こういうのは」

T「そうかもね、…はじめてだな、ツボンヌに会うの」

H「あれ、やっぱり来ますよね?タカシさんも」

T「ええ!?何それ。さっき俺が足りないって言ってたやん」

H「ああ、『お色気』が足りないって言おうと思ったんですけど。すみません間がなくて」

T「マジかぁ!!」

大分オールスターファン投票受付中です。詳しくはこちらから


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。