0718.bmp

2005.07.28.

ジャマイカ村Vol.9(初日だけ)

CIMG0612.JPG

ある家族は大きなテントを張って山ほど用意した肉や野菜をここぞとばかりにひたすら焼いた。
ある若者は響き渡るリズムにただ身をゆだね、思いの向くままに飛び跳ねた。
ある子供は小さな身体いっぱいに強い日を浴びながら、隠し持っていた水鉄砲で太陽を撃った。

2番手に登場したザ・スキャフォニックスも素晴らしかった。実際に生音を聴くのはパークプレイス以来だったが、その時よりも明らかにパワフルで躍動感のある演奏だった。出番前にはあれほど緊張していたタカシ氏もいざ演奏が始まるとすぐに元の姿を取り戻した。ただ、その元の姿を取り戻し過ぎたのか、トランペットとの掛け合いという見せ場で調子に乗ってアドリブを披露。しかしそれがちょっと無理しすぎてメンバーの苦笑を買うというとてもタカシ氏らしいパフォーマンスも。このお調子ものめ。

ジャマイカ村に集まった人数分の、何千通りの楽しみ方がそこにはあった。汗を拭うお父さんの満足気な笑顔、天高く拳を突き出して悦びを表現するオーディエンスの、私を水浸しにしたクソ悪ガキのいたずらな笑顔が忘れられない。

posted by ヒデ | コメント(2) | TB(0) | KUCHIKOMI REPORT
大分オールスターファン投票受付中です。詳しくはこちらから


この記事へのコメント
うわぁ〜!!!
写真も言葉も素敵ですね☆
親子連れやカップル、車椅子の方とかいろんな人がいる中で、私もみんなの笑顔が忘れられないです!!!
ほんとそれを創れる音楽って素晴らしいですね♪
また何か次回あればそこでお逢いしましょうね!
今日は別府の花火に行ってきますw
Posted by sato at 2005年07月31日 14:42
>satoさん
ありがとうございます。
花火もいいですね。別府は冬の花火も好きです。
今年は行けるかなぁ。
Posted by ヒデ at 2005年08月01日 20:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。